フィリペ二世の結婚狂騒曲

太陽が没することがない帝国と謳われたのは近世ではイギリスでしたが16世紀ではスペインでした。スペイン艦隊はレヴァント海でオスマントルコ海軍を破り地中海の覇権を確立すると世界の海を縦横無尽に駆け巡り世界中の富を収奪しイベリア半島に集中…

コシファントゥッテ公演の舞台写真の閲覧、購入のご案内

お礼とお詫び、そして次回への抱負

オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」あらすじ

『コシ・ファン・トゥッテ』…作者はみんなこうしたもの No.4

『コシ・ファン・トゥッテ』…作者はみんなこうしたもの No.3

『コシ・ファン・トゥッテ』…作者はみんなこうしたもの No.2

『コシ・ファン・トゥッテ』…作者はみんなこうしたもの No.2

どんな方でも、自分に子供を授かると最初にやらねばならない大事業は…名付けです!自分の子にどんな名前を与えるか?…私のイタリアの友人たちも同じで、赤ちゃんの名前を選ぶのに大騒ぎしておりました。作家にとって作品は、彼らの息子・娘でありますか…

「『コシ・ファン・トゥッテ』…作者はみんなこうしたもの」特別寄稿

序幕の人々 その二

トゥーランドット この衣裳はなんて難しい

序幕の人々その三 作曲家

町人貴族とナクソス島のアリアドネ

オペラバフは2023年9月にR・シュトラウスの名作、ナクソス島のアリアドネを上演する予定です。日本ではあまり上演機会のないオペラですのでこの機会に是非ご見物いただけますようにお願い申し上げます。正直申しましてプッチー…

「ナクソス島のアリアドネ」を上演

お礼とお詫び、そして次回への抱負

ツェルビネッタ嬢

MET の不思議

ピックアップ記事

  1. 伏魔殿

注目記事

弁者の地位

モーツアルトの魔笛は神秘的なオペラで謎も多く皆様ご存じのようにおびただしい数の研究書が出版されています。フリーメーソンとの関連の研究が有名ですが私の印象に残っておりますのは昭和ミステリー界の重鎮、…

お知らせ

衣裳

CD・書籍

  1. But I like sunset.

  2. オネーギン

コラム

PAGE TOP